ペットを飼っている方向けのペット災害危機管理士

ペット災害危機管理士は、災害が発生した時などに人とペットの命を守るための危機管理の方法を学ぶことができる資格です。

日本は地震の多い国で大地震が頻繁に発生しており、家屋の倒壊などで人やペットが怪我や人命を落としたりすることもあります。他にも集中豪雨などで洪水になったり、土砂崩れや火山活動により住んでいる地域によっては、人やペットが災害による危機に巻き込まれたりします。

ペット災害危機管理士の資格は1級から4級までの等級に分かれており、4級が基礎的な準備の資格で、1級が最上級で人に災害危機に関する指導を行うことができる等級になります。ペット災害危機管理士の取得が推奨されるのは、ペットを実際に自宅で飼育されている方で、他にもペット関係の仕事をしている方などです。

また世界各地で起こる災害でのボランティア活動を生きがいを見い出している方も該当します。災害は突然、発生するもので突然発生するとパニックになり思考停止の状況となりますが、このペット災害危機管理士の学習では災害の発生での行動パターンや人とペットの命の守り方を学習することができます。

事前に災害危機に関する備えを行っておくことで、万が一の時に人・ペットの命を助けることにも繋がる重要な資格となります。震災が発生すると多くの災害ボランティアの活躍が目立ちますが、この資格を保有しておくと現地でのペットの扱いなどにも長けることで役立つ場合も多いです。

他にも動物愛護・共生生活に関する深い知識を得ることができるため、災害以外のシーンでも役立つこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です