小動物看護師は動物を扱うエキスパートです

主に動物病院で、検査をしにきた子や入院している子たちの世話をし獣医師のサポートをする存在といえば小動物看護師です。

医療行為はできないものの、動物を保定したり血液検査や尿検査を進めたり、食欲の無い子に給餌したり、それ以外にも掃除や調剤、会計など動物病院を経営していく上で欠かせない存在です。

動物が好きで、どんな状態の子にも分け隔てなく接することができ、触り方や押さえ方を熟知し、時にはその子の不調に気付き獣医師に進言するなど、幅広い視野と技術が要求される大変な職業です。しかし、弱っていた子が元気になって退院する姿や飼い主さんとの雑談を通じてやりがいを感じる場面も多く、動物が好きな人には人気の高い職業でもあります。

小動物看護師になるには、現時点では資格は必要ありません。ペットを飼ったことがあるという素人の人や、通信講座や専門学校、動物関係の大学を卒業した人が主に働いています。しかし、最近では動物看護師統一認定試験を受けることが一般的になっており、いずれは小動物看護師が獣医師のように国家資格として認定される可能性もあります。

もちろん動物が好きという気持ちだけでは務まらず、多岐にわたる仕事を覚え、効率よく考えながら動き、具合の悪そうな子には目を配り、飼い主さんとのコミュニケーションも円滑に行うなど求められるスキルは幅広く、体力も使います。

求人数は非常に多く、動物病院だけでなくペットホテルや動物保護施設など動物の上手な扱い方が求められる場で広く活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です