小動物看護師の資格取得と仕事内容

日本ペット技能検定協会が猫や犬などの小動物を対象に、小動物の看護を行える資格として認定する小動物看護師という資格があります。

通信講座や日本ペット技能検定が主催するセミナーなどを受講して、認定されるカリキュラムをこなす必要があります。筆記試験に合格すれば資格が取得でき、小動物に関わる仕事ができます。

小動物看護師は小動物の体や医療の事だけではなく、トレーニングやトリミングの技術も必要とされます。これらの技能は本を見るだけでは向上しないため、様々なセミナーを受講して技を身につけると良いでしょう。また認定されている施設が日本全国にあり総数も100以上存在するため、住まいの最寄施設を調べて活用するとより資格取得に近づけます。

小動物看護師は人間を対象として働く看護師の様に、小動物の体の構造や病気の基礎知識を知っておくことが必要です。資格を取得すて知識があることを認められると、動物病院などの就職でとても有利になります。多くの動物病院は専門的な知識を持つ方をスタッフを求めているからです。

また獣医の診療にとっても欠かせない存在となります。仕事内容は獣医の診療の手助けや器具の準備などがあります。他にも入院施設であれば小動物の体の管理やカルテ記入、薬剤の投与などです。

また動物病院によっては経理や不足物品の補充、販売商品の管理やお客様への説明など多岐にわたります。小動物の家族への心のケアも必要となり、観察力やコミュニケーション能力も養えると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です