トリマー2級があればトリマーとして働けます

トリマーとは、トリミングサロンや動物病院などでペットの犬や猫に対しシャンプーやカットなどを施す職業です。

ペットの飼育頭数が伸び、またペットを家族のように大切に扱う人が増えていることに伴い、人間の美容室やエステサロンに相当するような清潔で心地よいトリミングサービスをペットにも受けさせてあげようというケースが多いです。

そんなトリミングを施すトリマーは、厳密には必要な資格がなく誰でもなることができます。しかし動物の毛質や流行りのデザインカット、道具の扱い方など知識と経験で磨いていく職業のため、基本的にはトリマーの資格がないとサロンなどでの就職は難しくなっています。

トリマーにはいくつかの段階があり、2級、1級、教師という順でできる仕事内容や求められる知識が変わってきます。まずはトリマーとして働きたいという場合はトリマー2級を目指すのが一般的です。トリマー2級の資格があると、たいていのトリミングサロンや動物病院で働くことができます。

シャンプーやカットといったトリミング行為全般を行うことができます。その上の級になるとサロンの経営や後進の育成を学びますが、トリマーの仕事に直接は関係してきません。

開業する気持ちや若いトリマーを育てたい気持ちが特になければ、トリマー2級の資格を取ってサロンに就職し、トリミングを通じて日々技術を磨き知識を取り入れていくのがトリマーとして活躍するためのポピュラーな方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です