ペット繁殖指導員の概要と取得方法

ペット繁殖指導員は、日本ペット技能検定協会が認定する民間資格です。

日本ペット技能検定協会は、この資格のほか、トリマーやドッグシッター、キャットシッターなど多くの資格を認定しています。ペット繁殖指導員は、中でもトップブリーダーとして、生体を扱う施設において指導的役割を果たすために必要であると位置づけられています。受験にあっては年齢や性別・実務経験などによる制限はありませんが、日本ペット技能検定協会の指定する認定講座を修了する必要があります。

認定講座・カリキュラムを実施している施設は全国にあります。試験内容は、選択問題などで構成されています。過去問が一部公開されていますので、参考にして対策を立てることが可能です。講座受講に費用が掛かることに加え、ペット繁殖指導員ライセンスの交付申請をするのに12000円かかります。試験は自宅で受験することが出来ます。ペット繁殖指導員の日本ペット技能検定協会の指定講座は、通学制と通信講座とがあります。

通信講座の場合は、自宅にテキストなどが送られてきて送られてきたテキストを元にして学習の成果を提出して修了認定を受けるというものです。通学の場合は、指定の場所に赴き、他の人と一緒に講座を受けて、試験などを受け合格することで修了できます。どちらが自分にふさわしいかは人によって異なります。通学の方が意識して通えるので、時間を合わせられそうならこちらの方がお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です